市民農園秋の会員募集を始めました。
「お知らせ」ページをご覧いただき、メールでお問い合わせください。

しあわせ野菜畑


しあわせ野菜畑について
【所在地】
静岡県掛川市

静岡県掛川市は静岡市と浜松市の間に位置する、人口11万人の地方都市です。東海道新幹線の駅があり、東京まで2時間、大阪まで2時間30分です。平坦地で、雪が降ることもなく気候が温暖で、過ごしやすい地域です。
会社は掛川駅から北へ4㎞です。



【農場】


農場全景

有機人参収穫の様子


① 農場は2ヶ所で5ヘクタールあります。ハウス栽培や温室栽培でなく露地栽培で、季節に合わせた旬の野菜をお届けしています。
②農薬や除草剤や化学肥料を使用しない有機JAS認証のオーガニック野菜です。



【会社の沿革と目標】
農業高校の教員を経て起業しました
静岡県農業高校の教員だった代表が2009年に47歳で起業し、2012年に株式会社に移行しました。

「育てる人、食する人、地域の人に“しあわせ”をお届けします」を経営理念に、アグリビジネスとしての有機農業を展開しています。「農業の可能性」を追求し、 次世代が農業に踏み出すきっかけとなるような魅力的な経営体を成立させるのが経営の目標です。





農場直送 – オーガニック野菜の生産直売 –
①季節に合わせた旬のオーガニック野菜を年間50品目育てています。

夏の有機野菜
夏の野菜

冬の有機野菜
冬の野菜


②野菜セットにして全国へ宅配しています

有機野菜セットを全国に宅配しています

全国へ宅配しています


年間50品目の野菜を無農薬で育て、自然食品店やスーパーに直販したり、ネットショップで全国のご家庭に有機野菜セットとして宅配しています。

契約農家から集めた野菜ではなく、自社で育てた有機野菜を中心に、お客様に直接お届けしているのが特徴です。(一部、地元の仲間からの野菜もあります。)


有機JAS、JGAP、コーシャ認証を取得しています

安全・安心な野菜をお届けするため、
残留農薬検査、水質検査、土壌検査、放射能検査を実施し、

オーガニック(有機野菜)であることを保証する「有機JAS認証」
食の安全や環境保全に取り組んである証しである「JGAP認証」
アメリカやヨーロッパで食の安全の目安として信頼されている「コーシャ認証」を取得しています。


エシカル(倫理的)でサスティナブル(持続可能)、人と環境に優しい農業です。



農場の様子

農場での有機野菜栽培の様子




太陽の光を浴びて、風に吹かれて、鳥の声を聞きながら、 動物や虫たちとも共生している「環境保全型農業」を進めています。
のうさぎの子供

野うさぎのこども

テントウムシ










1.温室栽培やハウス栽培ではなく、自然環境で取り組む露地栽培です。
2.化学農薬や除草剤を使っていません。
3.化学肥料を使わず、有機肥料で育てています。
4.多様性の中で病害虫の被害を防ぐことを目的に、季節ごとに多品目の野菜を育てています。

かえる

やぎ



有機野菜の加工品

●ニンジンジュース
私たちが育てたニンジンをジュースにしました。粘土質の土壌で育ったニンジンは、味に深みとコクがあり、とっても甘いと好評で、「ふじのくに農産物コレクション」金賞をいただきました。




●オーガニックたまねぎの黒酢ドレッシング
サラダ、焼肉、焼魚、フライ、温野菜、豆腐に直接かけたり、炒め物の調味料に使ったり、醤油代わりにも使える万能だれです。
●ドライ・トマト
加熱により旨味が出る調理用トマトを乾燥させました。国産の無農薬調理トマトは超貴重です。スープや煮込み料理やカレーやパスタに加えたり、細かく切ってサラダのトッピングにどうぞ。そのまま食べてもOKです。


農福連携に取り組んでいます
オクラの収穫
オクラの収穫

オーガニック・コットン作り
オーガニック・コットン
作り


障がい者就労継続支援B型事業所、「きほくのもり、ペンタス」(静岡県掛川市倉真)との連携事業として、野菜の収穫依頼と、オーガニックコットンプロジェクトを行っています。

野菜の収穫は夏はオクラを冬はブロッコリーの収穫について一部依頼しています。

オーガニックコットンプロジェクトは、障がい者が種から綿花を育て、それを地域の織物工場で製品にしてもらい、その商品を販売しようとするもので、当社は障がい者と一緒に当社の農場でオーガニック・コットンを育てています。

農業と福祉の連携



連絡先