モロヘイヤの、おいしいいただき方


しあわせ野菜 レシピ

「有機モロヘイヤ 」   




モロヘイヤは栄養豊富で夏バテ予防に効果があるといわれています。スープ、みそ汁、刻んでオクラや納豆と一緒に召し上がることが多いようですが、今回はそれら以外のレシピを紹介します。
※モロヘイヤは刻むとより粘り気が出るので、お好みに合わせて刻んでください。


——————————————

「 モロヘイヤと豆腐の和え物 」




【 材料2人分 】  


モロヘイヤ 1/2袋、 絹ごし豆腐 1丁、 白いりごま 適量
(A)…しょうゆ 大さじ1、 みりん 大さじ1、 ゴマ油 大さじ1/2

【 作り方 】

1.豆腐は手でほぐしてから、キッチンペーパーで水気をきります。
2.モロヘイヤは塩少々を加えた熱湯でさっと茹で、水気を絞り、(A)で和えます。
3.器に1を盛りつけ、2をのせて、ゴマを散らします。

(ポイント)
角切りにした長芋でも作れます。茹でたモロヘイヤにかつおの削り節としょうゆをかけても、簡単な一品になります。
釜揚げしらすで代用すると、簡単に仕上がります。

【 ひと手間・ひと工夫 】

茹でたあとは、必ず水気をぎゅっと絞ることで、料理が水っぽくなりません。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「 モロヘイヤとしめじのお浸し 」


【 材料2人分 】  

モロヘイヤ 1袋、 しめじ 50g

(A)…だし汁 60ml、 しょうゆ 小さじ2、 みりん 小さじ2、 かつおの削り節 適宜

【 作り方 】

1.塩少々を加えた熱湯で、小房に分けたしめじを茹でます。しめじは水気をきっておきます。
2.同じ湯にモロヘイヤを加えてさっと茹で、冷水にとり、水気をよく絞ってざく切りにします。
3.(A)を混ぜたら、1と2を加えて和え、冷蔵庫で15分ほどおいて味をなじませます。
4.器に盛り、かつおの削り節をのせて仕上げます。

(ポイント)

みりんのアルコールが気になる場合は、小鍋で加熱してアルコールを飛ばしてから加えてください。

【 ひと手間・ひと工夫 】

冷やしていただくとさっぱりして食がすすみます。
茹でたモロヘイヤとスライスした赤玉ねぎをめんつゆでお浸しにすることもできます。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「 モロヘイヤの天ぷら 」


【 材料2人分 】  

モロヘイヤ 1袋、 てんぷら粉 大さじ2+大さじ2、 冷水 大さじ3

【 作り方 】

1.モロヘイヤは洗って水気をよくきっておきます。
2. 1をボウルに入れ、大さじ2の天ぷら粉をまぶします。
3.小さな入れ物に大さじ2の天ぷら粉と水大さじ3を入れてかき混ぜたら、2のボウルに入れて混ぜ合わせます。
4.180℃程度の温度でカリっと揚げます。(全体的に天ぷら粉は少なめです)

(ポイント)

ぬめりが取れて、パリパリとした食感になります。塩や天つゆでお召し上がりください。
βカロテンや食物繊維が多く、腸内環境改善におすすめです。


  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 



【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター