市民農園秋の会員募集を始めました。
「お知らせ」ページをご覧いただき、メールでお問い合わせください。

ちぢみホウレンソウ

冬に露地で育っているホウレンソウは
太陽の光を浴びようと、葉がタンポポのように広がります。
これをロゼット葉と言います。



葉が少し硬く、縮こまって見えるので「ちぢみホウレンソウ」と呼ばれています。
「ちぢみホウレンソウ」に適した品種と言うのはありますが、
冬にハウスではなくて露地で育っているホウレンソウはこのような形になり
どれも「ちぢみホウレンソウ」です。

冬の光を浴びながら、寒さに耐えるために細胞内の糖度を高くしているので
とっても甘いんですよ。

しあわせ野菜畑のHPはここをクリックして下さい。