スタッフ募集

投稿日:2017.06.01投稿者:siawaseyasai

スタッフを募集しています。

一緒に元気で新鮮なオーガニック野菜を全国にお届けする仲間の応募をお待ちしています。

 

お申し込み方法は下記のとおりです。

①当ページを読んで、会社や仕事内容をご理解ください。

②関心がありましたら、お申し込み案内(アンケート他)をお届けしますので、メールにてご連絡ください。

 月曜から土曜の午後でしたら直接会社に会社に来ていただければ、お渡しすることも出来ます。

③お渡ししたアンケートに記入し、履歴書と一緒にお申し込みください。

④書類審査のうえ、仕事内容の説明を含めた面接をさせていただきます。

 なお、受付は期間を区切って実施しております。お申し込み後に1~2週間お待ちしていただくケースもあります。

 

1日3時間~6時間、週3日

基本的には週3日です。仕事に慣れ、時間に余裕が出ましたら他の曜日での勤務を依頼(打診)することもあります。

掛川市西郷の構江区、花屋敷地区での仕事です。時給810円

3~6ヶ月といった期間限定も可です。

小中学校の行事参加の相談にも応じられます。

年間50品目のオーガニック野菜を育て、全国のご家庭に有機野菜セットとして宅配しています。野菜が好きで、食と健康に関心がある元気な人を募集しています。

 

仕事の内容は下記の①~③の3種類です。

内容や勤務日で選び、ご希望の番号をお伝えください。

時間は3~6時間の間で、ご都合をお聞きすることができます。 

①収穫された有機野菜を袋につめる仕事 野菜を種類別に袋詰めをして、野菜宅配セットにして全国発送をします。出荷場における屋内での仕事です。勤務日は月曜、水曜、金曜です。8時30分~9時00分のスタートです。
②農場で野菜を収穫してから、野菜をきれいにする仕事花屋敷農場でオクラ、トマト、ナス、ホウレンソウ、コマツナなどを収穫した後に、   出荷場で野菜を洗ったり、大きさをそろえたり、古い葉を取り除いたりする仕事です。勤務日は火曜、木曜、日曜です。8時00分~8時30分のスタートです。
③農場の管理作業草刈機で雑草を刈ったり、農機具を使って畑の整地をしたりする仕事です。月曜日~金曜日の中で希望する曜日で働けます。午前でも午後でもかまいません。雨天時は休みです。 
■  応募方法 ■ このページの上部をご覧下さい。
掛川市上西郷2454  TEL 0537-28-0712info@yasai888.com  http://yasai888.com/ 

 

 

当社の見学者や研修をされた方の感想

 

工業」と言っても、電気、車、建設、土木では仕事の内容や会社の雰囲気が全く違うように、「農業」といっても、作物、栽培方法、販売方法によって、経営体の考え方や雰囲気は全く異なります。

 

当社の「少量多品目の有機野菜の生産直売」は、ある意味とっても特殊かもしれません。

そこで、スタッフを希望して、当社へ見学に来たり、研修をされた方の感想を列挙してみました。応募に当たっての参考にしてください。

 

————————————————————————————————————-

・いろいろな野菜を作るから、以前に増して、食べ物のありがたみを痛感するようになりました。

・体力が必要です。「高校時代に運動部所属の方を希望」という意味がよくわかりました。

・農作業はみんなでワイワイやることはなく、ひとりでモクモクとやるっていう感じです。そういうのが好きな人に合っていると思います。

・仕事は、責任はありますが、いい意味で、自分のペースでやれます。

・夜がぐっすり寝られて、とっても健康的になりました。痩せたのですが、筋肉が少し付きました(笑)。

・こういう農業をやれたら理想的だと思いました。

・野菜のことや農業のことで覚えないといけないことが、いっぱいあります。「覚えることが多くて手帳は必需品」というスタッフさんの話を聞いて、農業のイメージが変わりました。

・1年間やらないと全体像がつかめないと思いました。

・野菜によって手入れが違うので、単純労働が好きな人には向きません。

・やることがたくさんあって、自分ができるのか少し心配でしたが、毎日、楽しくやれました。

・農業って年配者がやっているので、簡単そうに思っていたけど、「全然違う!」って思いました。

・「自然農や農的生活とは違います。アグリビジネスとしての有機農業です。」という説明が最初わからなかったのですが、体験してみて、毎日本当に忙しくて、ビジネスでした(笑)。

・種をピンセットを使って箱にまいているのを見て驚きました。

・農村地帯なのに駅からそんなに離れていないのが不思議な気がします。

・年間で50品目以上の野菜を育てるって、すごいと思いました。

・宅配に常に入れることが出来るように、例えばキュウリは4回に分けて植え、ホウレンソウは2週間に一回種をまくと聞きました。作ることと、売ることとは別なのだと思いました。

・スタッフさんに女性の方が多いのに驚きました。

・農業生産法人は野菜工場みたいになっているところが多いけど、全然違います。昔の農家のイメージです。

・「畑には虫、テントウムシ、クモ、カエルがいて、時々、ヘビがいる。そういう農業です。」という言葉が印象的でした。

・粘土質の土なので、服や靴がとても汚れます。汚れるのが苦手な人には大変です。虫が苦手な人も無理ですね。

・空がとっても青くて、トンビが飛んでいました。汗をかいた後の風が気持ちよくて、久しぶりの経験でした。

・有機野菜の少量多品目という「農業」の中では珍しい分野で、しかも、奥様がスイーツ等の担当をされていて、面白いスタイルだと思いました。

・駅から意外に近いので、いわゆる農村での農業とは違い、町生活しながら農業が出来ると思いました。

・色々な雑誌などメディアにも取り上げられているようでした。

・いただいた野菜が美味しかった。

・植え時期をずらして、途切れず出荷できるようにしている。野菜宅配を考えるなら勉強出来るところも沢山あると思います。

 

写真:株式会社しあわせ野菜畑の決め手(2)

【スタッフコメント/勤続3年・25歳・女性】
いろいろな野菜を無農薬で作り、直売でお客さんに直接野菜を届けることが出来るので、やりがいある仕事です。

露地栽培は体力が必要なので、腰痛がある方や体の弱い方にはなかなか難しい仕事ですが、約50種以上の野菜の栽培技術の習得が可能で、農業のことを学ぶには最適な農園だと思います。

 

2017年5月 スタッフ写真

2017.3.1 (1)

 

◎   ◎   ◎    ◎

下記は、正社員採用時にお渡しする資料ですが、基本的は考え方はパート雇用も同じです。

 

「当社への就職を検討するに当たって」(正社員採用)

 

当社は「育てる人、食する人、地域の人に“しあわせ”をお届けします。」を経営理念として“農業の可能性”を示すことを目標にしていますが、

課題はたくさんあり、働いていて、楽しさや幸せより“辛さ”を感じたり、可能性を感じられなくなることもあるようです。

職場として考えた場合の当社の特徴、抱えている課題をまとめてみました。理解の上、可能性を信じて応募してくれることを願います。

 

 

1、給料が安い

 

当社はアグリビジネスとしての有機農業経営を念頭に、株式会社として売り上げ増、利益拡大を目標に定めていますが、

農業は基本的には薄利多売で利が薄く、農業生産法人は一般的に給料が安いです。

お金では代えられない価値を感じることと、自分自身の努力と工夫により、売り上げを向上させようとする気持ちが持てる人材を求めます。

 

2、天候や作業内容によって就業時間が変わる。給与体系が時給制を基本としている

 

当社の勤務体系は週休2日制です。連続ではなくて、水曜日と土曜日とか、木曜日と日曜日といった形です。

ただし、繁忙期や作業計画が予定通りに終了しない場合には休日出勤があります。

雨天で仕事が困難な場合は休みにして、休日と振り替えにすることもあります。

祝日は休みではありません。冬季休暇は比較的とりやすいですが、夏休みは少ないです。

 

1日の勤務時間は8時00分から17時10分ですが、栽培作業の区切りをつけて終了となるので、終業時間が遅くなることもあります。

 

農作業が時間通りに終わらないことがあるので、当社の給与体系は時給制を基本としています。

労務事務所に相談しながら、スタッフが働きやすい体制を作る取り組みを進めていますが、

大手の企業のような勤務体系ではないことの理解は必要です。

 

3、体力が必要

 

特に夏の農作業は大変です。高校時代に運動部等でヘトヘトなりながらも目的向かって頑張り、

達成感を感じた経験のあるような方を求めています。

腰痛になりやすい方は避けてください。

 

4、起業家(アントプレナー)精神を持ったスタッフを求めている。

 

単なる農作業労働者ではモチベーションが維持できません。向上心があり、経営の担い手になるような人材を求めます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


四 − 2 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>