有機JAS認証を取得しました。

有機JASマーク(BV)和名

有機JAS認証をご存知ですか。
JAS(日本農林)規格に適合した有機栽培による生産が行われていることを登録認定機関が認定するもので、有機肥料を使って無農薬栽培していても、この認定がされていない農産物は有機野菜とかオーガニックと名乗ることができません。

さらに、有機JAS認証を取得した「国内産の有機野菜」というのはとても希少です。

有機JASは、規格に適合した生産であることを認定しているのであり場所を定めていません。
日本と同等の制度に基づいたアメリカやEUの有機認証を受けている農産物を有機JAS認証を受けた業者が輸入し有機JASマークを貼ることや、
認証を受けた外国の生産者が外国で農産物を生産し有機JASマークをつけて輸入することもできます。

自分が参加した有機JAS講習会は参加者10名のうち生産者は自分だけでした。有機JASが付いていても国内産の農産物はごくわずかなんでしょうね。

認定証認定証

 

 

 

有機JASマークは農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品であることを表しています。登録認定機関が検査し認定された事業者のみが、太陽と雲と植物をイメージした有機JASマークを貼ることができ、このマークがない農産物に「有機野菜」「有機栽培」「有機農産物」「オーガニック」などと表示するすことは法律で禁止されています。