野菜が好きになる話( 静岡新聞 2015年10月 )

投稿日:2015.10.30投稿者:siawaseyasai

かつて、家庭科の授業で「ホウレンソウは尿管結石の原因となるシュウ酸を取りのぞくために下ゆでをしてくださいね。尿管結石って痛いんですよ。」と教わりましたが、みなさん、どうしていますか?

シュウ酸はエグミの元で、ホウレンソウには大量に含まれています。シュウ酸が多い野菜は栄養はたっぷりなのですが、苦くておいしくありません。

そんなホウレンソウを食べさせるために生まれたのがポパイです。母親たちは言いました。「いい、坊や。よくお聞きなさい。ホウレンソウはまずいわよね。確かにそうよ。でもね、とっても栄養があるの。だから、あなたもホウレンソウを食べればポパイのようになれるのよ。オリーブをブルータスから助けるポパイのように、大好きな女の子を守ってあげるためにはホウレンソウを食べなさい。そんな、かっこいい男の子になってほしいの。」

その「おいしくないけど栄養たっぷりのホウレンソウ」も品種改良が進み苦くなくなってしまいました。シュウ酸の含有量が減ったので、尿管結石をあまり気にしなくてもよくなり、下ゆでのことを書いていない料理本が多くなりました。今ではそのまま生で食べることができる「サラダホウレンソウ」まで出回っています。

そんな話を、若いスタッフにしていたら、「年配の人が、給食でホウレンソウやニンジンが食べられなかったという話をするけど、どういうことかよくわからないです。今だったら『苦いけど栄養たっぷりホウレンソウ』って売れるんじゃないですか。」と言っていました。

そんな感じで最近の野菜はとっても食べやすくなりました。しかし、相変わらず野菜嫌いの子供は多いようです。もしかしたら、野菜嫌いの原因は、野菜の味ではなくて、野菜に物語性がないからかもしれません。

そういえば、テレビでポパイを見ることもなくなりました。

——————————————————————————————

(2017年10月4日 静岡新聞)

毎月第1日曜日、静岡新聞朝刊にて「野菜が好きになる話」コーナーを担当しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 四 = 0

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>