第4回ガルテン 日誌

投稿日:2014.10.06投稿者:siawaseyasai

ガルテン担当のたかきです。

10月4日(土)、第4回目のガルテン講座ではこんなことを行いました。

①レタス、キャベツ、白菜の定植

②葉物(ホウレンソウ、チンゲンサイ、ターサイ、ベカナ)の種まき

③大根①の間引き

④大根②の間引き、追肥、土寄せ

③人参①の間引き

④葉物(カブ、コマツナ、葉大根)の間引き

最後にネームカードを書きました。これまでどこが誰の畑か分からなかったりしましたが、これで、間違いはなくなる。。。かな?

日曜日の講座は大雨のため10月11日(土)に延期いたしました。

 

さて、今日のガルテンの中で、参加者の一人である、「畑BARうちっち」を経営する山本さんが印象的なお話をしてくださいました。

「うちっち」さんではなるべくお野菜そのものの味をそのまま楽しんで頂けるようなお料理をお出ししています。

素材の味を活かす。簡単なようで、難しそうです。

山本さんは、「それは野菜が本来持っている「道」のようなもの絶ち切らず、邪魔をせず、ただすこしだけ交通整理をするようなもの」と仰っていました。

むむ。野菜がもっている「道」。とは。

食材の命と会話できるのも、料理人の特殊な力の一つです。

そのお話をきいてそれは野菜を育てることにも通じるお話だなぁと思いました。命が本来持っている力を、ちょっとだけ助ける。そうやって、野菜たちに元気にそだってもらっています。

 

次回のガルテンは、10月18日、19日です。暑くもなく、寒くもなく。ちょうど良い日だといいなぁ。

 

 

たかき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 × 三 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>