有機農業の本質

投稿日:2014.05.04投稿者:siawaseyasai

当社は年間50品目の有機野菜を育てています。 参考になったのはスルガ銀行の海外研修助成事業で行かせていただいたヨーロッパ環境保全型農業の視察研修です。 研修の中で感じたことは、日本とヨーロッパでは有機農業の捉え方が異なるということでした。 日本の有機農業は無農薬で味が良いことを目的としていますが、 ヨーロッパの有機農業は「環境保全のために持続的な生産が行われること」が目的です。 その土地が本来持っている力で作物が作られていることが重要で、味が良いことは目的ではなく結果です。

german02

ドイツのスーパーでは主食のジャガイモが、有機のものは値段が7倍もしていましたが、美味しいのかと聞くと、必ずしもそうではないとのことでした。 それでも購入する人々がいるのは、「外部の力を借りないで、その土地が持っている最大限の力を引き出して育った魅力」が有機農産物にあるからです。 最初は理解できなかったのですが、高校野球に例えてみると、何となく理解できた気がしました。 優秀な選手を集めて恵まれた環境で練習をしているチームは見ていて楽しいし魅力があります。 しかし、小さい時から知っている地域の子供たちが、与えられた練習環境の中で、 自分たちの力の限り一生懸命に取り組んでいるチームにも魅力があります。 一回戦で負けるかもしれませんが、そんなチームだからこそもらえる勇気や元気があります。 無農薬で化学肥料を使わないで育てることは有機農業の手段であって本質ではありません。 有機農業の本質は「その土地の光と水と空気で、その土地が持っている最大限の力を引き出して育ったという魅力」であり、 生産者が有機農業に惹かれるのも、この農法に「人の生き方の原点」を感じているからではないかと思いました。 自分が目指しているのはそんな農業です。

( 2014年5月4日 静岡新聞 農業欄 こだま )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


一 + 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>